ダマスクローズの成分

ローズの種類の中でも濃厚な甘い香りを漂わせるローズが、「ダマスクローズ」です。

 

ダマスクローズはよくローズサプリメントの主成分として使われており、飲んだ人の多くが効果を実感しています。そのようなダマスクローズの成分はどのようなものがあるのでしょうか。

 

ダマスクローズの成分について説明をしていきたいと思います。

 

ゲラニオール

ダマスクローズの香りのもととなっている成分に、ゲラニオールと呼ばれている成分があります。

 

ゲラニオールは殺菌作用もあり、衰えてしまったお肌のハリを元に戻してくれる効果も期待されています。ローズオイルだけではなく、様々なアロマオイル、精油にも含まれている香りのもとでもあり、知っている人も少なくありません。

 

サプリメントで毎日体内に吸収していくと内側から香りが漂っていき、汗と一緒にゲラニオールの香りが発生するのです。アロマオイルが置いてあるお店で成分表をチェックしてみて下さい。

 

数多くの精油にゲラニオールが含まれていることが分かります。

 

ネロリ

ダマスクローズの化粧品等によく一緒に配合されている成分として挙げられるのが「ネロリ」という成分となっています。ネロリは、非常に相性が良い成分となっており、ダマスクローズサプリメントの中にもよく配合されているのをみかけます。

 

精油としては有名な成分であり、白い可愛らしいお花から得られる精油です。

 

ネロリの香りは、女性ホルモンの改善、睡眠作用をもたらしてくれます。
乱れやすい女性ホルモンを正常なバランスに戻すことにより、健康的な体にしてくれるのです。

 

フェニルエチルアルコール

ダマスクローズの成分の中でもフェニルエチルアルコールは非常に抽出することが難しいものとなっています。ローズオイルの高い質をそのまま抽出することができる水蒸気蒸留法でもフェニルエチルアルコールを失ってしまう可能性があるのです。

 

水溶性が高い成分となっているので抽出が難しいのですね。

 

しかし、フェニルエチルアルコールは心も体もリラックスできる効果があり、頭痛を抑え、精神面を安定させる力を持っています。フェニルエチルアルコールだけでなく、ダマスクローズの主成分は貴重な成分がたくさん入っています。